ブリッジ

『ブリッジ』歯の抜けた箇所を手軽に補う!

ブリッジとは英語で橋と言う意味です。歯を失ってしまった部分を補うための治療法です。両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて、欠損部分を補う方法です。最大のデメリットは両隣の歯を一回り削り、ダミーの歯(人工歯)を支えるために両隣の歯に負担をかけることです。メリットは保険でも可能なことです。保険が適応されないケースもあります。
ブリッジにも保険と自費とがあります。
その見かけが、橋を架けるのに似ているので「ブリッジ」と呼ばれており、ほぼ全ての歯科医院で行われている非常にポピュラーな治療法です。歯の抜けた箇所は補う必要があります。何故かと言えば、歯並びやかみ合わせが乱れてしまったり、噛み合っていた歯が相棒をさがして伸びてくるからです。抜けたままの放置はやめましょうね!