神経(歯の根っこ)の治療

根幹治療『歯の根っこを取り除く治療です』

残念ながら歯の神経を取らざるを得ない場合の治療です。虫歯が神経まで達してしまった場合・歯がかけて神経が露出した場合は、神経をとる治療をします。虫歯などで神経が膿んでしまった場合は治療回数が増えることもあります。麻酔をしっかり効かせてからの処置となりますので痛みの心配はありません。


図1
細菌に感染した神経・露出してしまった神経・歯根の先まで膿んでしまった神経は取り除く必要があります。

図2
リーマーと言う根管治療に使う器具を使い神経をかき出します。根管(根っこ)の本数は歯により異なります。この治療も1回~数回繰り返します。同時に神経を取ったあとに
差し歯にするための詰め物(充填)のために、神経の穴もある程度拡大します。リーマーによって神経を取り除いた後は、細菌を殺すために薬のついた細長い形の綿を根っこの中に入れ簡易的なふたをします。そして次の治療までに1週間あけます。

図3
前回の処置から1週間が経過しました。まず、根っこに詰めた綿を取り出します。細菌がいなければ、きれいな綿になっています。まだ完全に細菌が死滅していない場合は汚れた綿がでて来ます。汚れている場合は、この薬を交換する治療を繰り返します。

図4
根っこがきれいな状態になったら穴を埋めるために充填材を入れ密封します。そして、再度、簡易的なふたをします。

図5
神経(根っこ)がない歯は非常にもろい状態です。例えれば、枯れ木と同じです。ですから、歯全体にかぶせ物をする必要があります。根の中に歯を被せるための土台を入れます。
この治療では歯の形に合わせて歯の中を削ります。削った後はコア(土台)のセットです。その場で土台を入れる場合や歯型をとり数日かけてコアを作る場合もあります。

図6
歯に土台をセットしたら、最後に歯型を取り、クラウン(被せるもの)を作ります。
クラウンにも保険~自費まで数種類あります。