虫歯はどのように進行するの?歯は生涯のBESTFRIEND!

C0虫歯の最初期


痛みなどの自覚症状はありませんが、エナメル質白濁してきます。この初期の虫歯は適切な歯みがきケアにより再石灰化して治ります。

C1初期の虫歯


歯の表面のエナメル質が酸により溶け始めて少しづつ黒くなっていきます。痛みはでませんが治療が必要になります。この段階では、歯を少し削り、その場でレジン(プラスティック)をつめます。

C2中期の虫歯(象牙質まで達している)


象牙質まで進行した虫歯です。冷たいもの・甘い物を食べたりすると歯がしみる事もあります。
治療は麻酔をし、虫歯の部分をけずり、削った面積によってはレジンではなく、歯型を取りインレー(詰め物)になります。

C3虫歯の後期(神経まで達しっている)


温かいものがしみたり、痛みがでてくる様になった状態です。根治(根っこの治療が必要っです)
歯の神経を取り、最終的には歯にクラウン(かぶせ物をします)
歯の神経がなくなってしまった歯は枯れ木と同じ状態ですので、神経のあった部分に土台を入れて歯全体をかぶせ物で覆います。

C4虫歯の末期です。


歯ぐきから見えている大部分の歯が崩壊した状態です。場合によっては歯の根っこの先が化膿することがあります。根治で治せる場合とやむを得ず抜歯となる場合もあります。基本的には抜歯になる状態です。C4の虫歯ですと既に歯の神経が死んでいて痛みがなくなっていることもあります。