ご予約・お問合せ

特集記事

口臭気になりますか?

■口臭には生理的な口臭と、身体の不調や病気が原因で起こるものがあります。

生理的な口臭『自然なお口の臭い』は誰にでもあります。最近は自分のニオイに敏感な方が増えている様に思います。重度の口臭があるのに全く気が付かない方もいれば、臭わないのに自分は口臭が酷いと信じ切ってしまっている方もいます。ただ、やはり口臭があると言うことは、なんらしかのニオイの原因がある場合が多いので調べてみても良いでしょう。歯周病などの発見につながるメリットもあるのです。

■口臭のニオイの元は

口臭の主なニオイの元を作り出しているのが、硫化水素・メルカプタン・イソ酪酸などです。これは歯と歯間についた汚れ『歯科用語でプラーク』が元に作られる嫌なニオイです。

歯に付いたプラーク(汚れ)は大体2週間ほどで硬い歯石へと変わっていきます。一度硬くなってしまったプラークは歯みがきで落とすことは殆ど出来ません。ここからが悪循環の始まりです。歯石の表面はザラザラとしていて、プラークがとても付きやすい状態となります。そして歯石がつくことによって歯ぐきが少しづつ腫れて出血しやすい状態になっていきます。出血(タンパク質)は細菌のエサとなり、歯周病と口臭を悪化させてしまいます。

次に歯ぐきが腫れると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる、いわゆるポケット(すき間)ができて、ここに食べかすや汚れが入りもみ、徐々に歯石へと変わっていきます。この歯石は歯と歯ぐきのポケットの中に付き、ポケットの深さが増していきます。

歯周ポケットは目では見えない歯ぐきの中のポケットの深さを意味します。

もうひとつ、口臭の原因となっているケースで多いのは、

舌についている汚れ(舌苔・・ぜったい)です。この舌苔は舌に生えた白い苔のようなものです。一般的に、舌が白いと口臭があるようです。では、何故この舌苔げ舌が白くなかについてお話ししましょう。舌に付着した食べかすや剥がれ落ちた細胞に細菌が増殖して徐々に舌が白く苔のようになっていきます。

鏡でご自身の舌をみるとカーペットのふさふさの様に表面が突起していますよね?この形状のためより多くのプラーク(汚れや食べかす)が付着しやすい状態となっています。口臭の予防は歯みがきや歯間ブラシ、デンタルフロスだけでは足りません。もし、あなたの舌が白っぽい苔の生えた状態でしたら、舌もクリーニングしてみましょう。

本来はきれいなピンク色の舌が理想的です。また、しつこい舌苔の場合胃腸などに問題がある可能性もありますので、心配でしたら内科の先生に相談してみると良いでしょう。貧血の症状がある方や疲労、睡眠不足なども影響します。

■舌のクリーニングってどうやるの

舌の表面はとてもデリケートです。

……ですから、ゴシゴシと力任せに舌苔を取ることは止めてください。舌専用ブラシ、又はやわらかめの歯ブラシで舌の上からしに向かい優しくなでるように舌苔を取りましょう。何度も繰り返すと舌の組織を痛めてしまいますので数回程度にして、後は食べかすや剥がれ落ちた細胞をブクブクうがいをして洗い流して下さい。1日に1度で大丈夫です。

ドライマウスの方や口呼吸の方は、お口の中が乾燥しやすくなります。又、唾液の出る量が少ない方 も同じですが、お口の中が乾燥していると口臭が強く出てしまいます。朝起きた直後や空腹時、又、緊張している時は口臭が誰でも多少強くなります。就寝中は唾液の出る量が減るために細菌が繁殖しやすい状態にもなります。又、私たちは緊張すると知らない間に唾液の量が減ってしまいます。

■簡単にできる口臭予防はないの?

  1. ①第一はお口のクリーニングです。隅々までしっかり汚れを落としましょう。歯と歯の間も忘れずに。通常の歯みがきだけでなく、歯間ブラシ、デンタルフロスを活用してみて下さい。毎日少しづてでいいのでデンタルフロスなども取り入れて習慣になればベストです。
  2. ②次は先ほどお話しした舌苔を優しく取り除いてみて下さい。
  3. ③唾液の分泌により口臭は抑えることが可能です。唾液が少ないと感じる方は、ガムを噛んでみて下さい。唾液が出やすくなりますので。また又、耳より下の頬をマッサージして唾液腺を刺激することにより唾液の分泌を促します。
  4. ④食べ物やアルコールのニオイの口臭の原因となりますので、どうしても気になるようでしたら、ニオイの強い物を控えてみましょう。
  5. ⑤喫煙も口臭の原因となりますのでご注意を。
  6. ⑥私からのおススメの一つをお伝えします。普段から外出される時などにペットボトルの緑茶を持ち歩き、お口が乾燥しない様にしてみて下さい。これだけでも口臭は抑えることが出来ます。
  7. ⑦又、市販のブレスケアも有効ですので取り入れてみて下さい。

口臭でお悩みでしたら、歯科医院で相談してみましょう。口臭の相談は恥ずかしいことではありません。誰だって少なからず口臭はありますので。悩むまえにお口のプロに相談してみましょう。因みに、当医院は口臭相談を随時おこなっています。お気軽にご相談下さい。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログに不慣れで読みにくいと思いますが、上手に書けるようにがんばります。

ネットでのご予約はこちらから
口臭に関する診療をご希望の場合は、診療科目は「歯周病」をお選び下さい