ご予約・お問合せ

特集記事

歯を抜歯をしたらどうするの?

例えば、あなたが重度の虫歯で歯を1本抜いたとします。そこで、通常3つの選択肢が出てきます。
今日は歯を失ってしまった場合の歯を補う治療についてのお話しです。

■抜歯した後の3つの選択肢

  1. ① 部分入れ歯『バネで両隣の歯に引っ掛けて使う義歯』
  2. ② ブリッジ 『両隣の歯を一回り削り橋を架ける』歯のない部位はダミーです
  3. ③ インプラント『人工の歯根を植える、第二の永久歯』

入れ歯

誰でも自然にイメージがわくと思います。ただ、1本だけの歯を補うのに入れ歯はあまりおススメではありません。入れ歯を入れる部位によっては金属性のバネが見えてしまいます。
ただし将来的に入れ歯をという場合は小さい部分入れ歯から徐々に少しづて大きな入れ歯になり、入れ歯の異物感になれて行く必要があります。
当医院にも全く歯のない状態で総入れ歯を作り、その異物感に慣れるまで苦労なさった患者さまがいらっしゃいます。

☆もちろん理想はいつまでも自分の歯でいることですが

ブリッジ

通常は両隣の歯を一回り小さく削り橋『ブリッジ』を架ける治療です。抜歯した部分にはダミーの歯が付きます。ブリッジは抜歯後の治療法としてとても有効だと思います。治療期間や費用を抑え、取り外しの煩わしさもありません。費用をかければより審美的に仕上げる事も出来るのです。マイナス面は両隣の歯を削らなければならない点と、橋を架ける部分の歯に負担をかけてしまう点です。

インプラント

顎の骨に直接人工の歯根を植える治療です。周囲の歯に負担を架けず独立した立派な第二の永久歯です。インプラントは歯が入った後の定期的な歯のお掃除『メンテナンス』が重要な鍵となりますが、今まで通りの食事を楽しんだりQOL『生活の質』を維持することが出来るのです(^^♪
硬いものでも噛めちゃいます!!インプラントの最大の欠点は、保険適応外だと言うことです。

■どの選択肢を選んでも間違いはありません。

求めている治療法は私たち個々で違って当然です。当医院では全ての患者さまに可能な限りの選択肢をお伝えしています。入れ歯、ブリッジは保険でも作れます。又、多少費用をかけることによって部分入れ歯やブリッジも使い勝手が良く、見た目も美しく仕上げる事も可能です。

私共、歯科医院で働くものは、患者さまに今のお口の状態をお伝えし、治療の選択肢を提案させて頂きます。選ぶのは、もちろん患者さまなのです。

今日は簡単に抜歯した後の治療についてお話しさせて頂きました。ブログ初心者につき読みにくい点も多々あると思いますが、私は、患者さまの?の視点からブログを発信させていこうと思います。そして専門用語は使わずにシンプルな内容で書いていきたいです。

今日この記事を読んでくれた方へ THANK YOU!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。もし、?っと思う点や、これ知りたいながありましたらメールでお知らせ下さい。素早く記事をアップ致します

ネットでのご予約はこちらから
歯の抜歯をご希望の場合は、診療科目は「インプラント入れ歯一般歯科」をお選び下さい